*t**

散る桜 残る桜も 散る桜

長いお休み。のんびり世界を眺めるブログ。

夢を見た。

いつも遊ぶ野良猫がいる。自宅から坂道になっている大通りへ出て、その坂を下る途中を、右へ入ると、野良猫たちの住処の上を、首都高速が走っている。首都高速の下の道では、レンガ詰の道で、野良猫たちが腹を見せて昼寝している。 

 

夢の中で、私は、普段自宅から野良猫に会いに行く時とは反対方向に、首都高速の奥から坂道の大通りを目指して歩いていた。

大通りへ向かって普段とは逆の道順を進んでいると、レンガ詰の道の左手に見慣れない柵ができていた。その柵に手をかけ身を乗り出して下を見てみると遠浅の海になっていた。薄暗く街灯の明かりだけが海と濡れた砂浜を照らしていた。

 

しばらくぼーっと砂浜を見下ろしていると、ふいに草の茂みがガサゴソと音を立てた。こいつは蟹だ、と直観した。

案の定、茂みの下には蟹がいた。薄藍と赤を混ぜたような、沼の蟹とも、磯の蟹とも区別のつかないおどろおどろしい姿をしていた。

蟹はこちらに気がつくと、横ばいに歩きながら向かってくる。そして、こちらまであと五、六歩というところでピョイッと糸で吊られたように飛び、柵を越えた。飛んだ先を見ようと足元をみると、飛んで来たその蟹の他に、私の足元にもう一匹、仰向けに転がっている蟹があった。仰向けの蟹の腹を目掛けて先ほどの蟹が着地した。二匹の蟹は抱き合うようにしてじっと動かなかった。すると、下敷きになっている方の蟹の腹から白い触手のようなものが伸びて来た。まるでエノキダケのようだった。そして上にまたがる蟹が、その触手を腹で受け止めた。触手は腹のなかにじゅるりと入っていった。

その時ああ、蟹の性交というのはこういうものか、と思い立った。

蟹たちの生命の再生産を眺めていると、まぐわる二匹の向こう側にベシャリと潰れた蟹を見つけた。殺そう、という意図もなく、誰も気がつかぬうちに上から人間の足でもってグシャリと潰されたのだと思った。薄藍と赤の甲羅が粉々になり、その下には濡れて街灯に照らされた蟹の肉、内臓がビチャビチャと潰れて飛び散っていた。生命の生まれる横で、踏みつぶされた小さな死があるのを眺めた。波のさざめく音が聞こえた。夜は深く、深く、黒くなっていった。

 

野良猫は不思議と出てこなかった。猫は、塩水が嫌いなのかもしれない、と思った。